VポイントをPayPayポイントに交換する方法は?注意点を確認して確実に乗り越えよう!

スマホを利用している女性
この記事は約12分で読めます。

2022年4月から、ヤフーカードを持っている人のところに順次PayPayカードが発送され、ヤフーカードからPayPayカードへの移行が始まっています。

その中で、2022年3月31日をもってヤフーサービスでのTポイント(現:Vポイント)の付与と利用が終了となりました。そのため、Tポイントの使い勝手が悪くなってしまったため、今まで貯めてきたTポイントをどうやって利用しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな人に向けて新たに始まったTポイントからPayPayポイントへの交換サービスについて、その方法や注意点について解説していきます。

この記事は下記のような人におすすめです!

  • TポイントをPayPayポイントに交換したい
  • TポイントをPayPayポイントに交換する時の注意点を知りたい
PC

ポイントサイト「ワラウ」とは?

ワラウは初めての方でも貯めやすく、安心してポイ活を始められるポイントサイトです。
掲載広告数は4,000件以上で、お買い物やお店・旅行の予約、
アプリのダウンロードなど、様々な広告からポイントが貯まります。
貯まったポイントは1ポイント=1円として、Vポイント、PayPayポイント、dポイントなど、さまざまな交換先へ即時交換が可能。
ウエル活、ポン活、陸マイラーにもおすすめです。

☆ワラウのおすすめポイント

  • 広告数4,000件以上
  • お買い物やお店・旅行の予約、アプリDLなど、様々な広告でポイントが貯まる
  • その他にも記事を読んだり、ゲームで遊んだり、レシート投稿などでもポイントが貯まります!
誘導バナー
  • 1ポイント=1円で分かりやすい
  • 500円から交換可能。交換先は38種類以上
  • Tポイント、PayPayポイント、Pontaポイント、dポイント、Amazonギフトカードなどに交換できます♪
  • 運営年数24年登録ユーザー数270万人以上
  • JIPC加盟、プライバシーマーク取得
  • 「mybest」の【2024年徹底比較】でポイントサイト部門1位を獲得!
SP

ポイントサイト「ワラウ」とは?

ワラウは初めての方でも貯めやすく、安心してポイ活を始められるポイントサイトです。
掲載広告数は4,000件以上で、お買い物やお店・旅行の予約、アプリのダウンロードなど、様々な広告からポイントが貯まります。
貯まったポイントは1ポイント=1円として、Vポイント、PayPayポイント、dポイントなど、さまざまな交換先へ即時交換が可能。
ウエル活、ポン活、陸マイラーにもおすすめです。

☆ワラウのおすすめポイント

  • 広告数4,000件以上
  • お買い物やお店・旅行の予約、アプリDLなど、様々な広告でポイントが貯まる
  • その他にも記事を読んだり、ゲームで遊んだり、レシート投稿などでもポイントが貯まります!
  • 1ポイント=1円で分かりやすい
  • 500円から交換可能。交換先は38種類以上
  • Tポイント、PayPayポイント、Pontaポイント、dポイント、Amazonギフトカードなどに交換できます♪
  • 運営年数24年登録ユーザー数270万人以上
  • JIPC加盟、プライバシーマーク取得
  • 「mybest」の【2024年徹底比較】でポイントサイト部門1位を獲得!

1 22年 4/1より「Tポイント」が「PayPayポイント」に交換が可能に

2022年4月1日より、株式会社Tポイント・ジャパンが提供する「Tポイント」が「PayPayポイント」へ等価交換での交換が可能になりました

※2024年3月31日18:00より、Tポイント(現:Vポイント)から「PayPayポイント」への交換は利用できなくなりました。
TポイントをPayPayポイントに交換できない。| Vポイントサイト・よくあるご質問・お問い合わせ

PayPayポイントとは、PayPayボーナスから名称が変更になったポイントで、従来のPayPayボーナスと名称以外の違いはありません。PayPayボーナス同様1ポイント1円相当として利用できる他、送金や譲渡ができない点や銀行口座への出金ができない点なども変更はありません。

ヤフーサービスでのTポイントの利用ができなくなったことで、Tポイントの使い道に迷っていた人も、PayPayポイントにTポイントを交換すれば、街の店舗やネットショッピングで利用することができるのは嬉しいですね。

Yahoo! JAPAN Tポイント利用手続き(Yahoo! JAPAN ID連携)の手順

2 TポイントをPayPayポイントに交換するための準備

TポイントをPayPayポイントに交換するためには、事前の準備を行う必要があり、まずはTポイントカードをYahoo! Japan IDに連携する必要があります。ここからは、その連携の手順を順番に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

2-1 TカードとYahoo! Japan IDの連携

まずは、専用ページの「Tポイント利用手続き(Yahoo! Japan ID連携)」をタップし、Yahoo! Japan IDでログインをします。その後、Tポイント利用手続きページで必要事項を入力します。その際、Tカード番号の入力が必要になりますが、Tカード番号はクレジットカードの番号やモバイルTカードのバーコードで表示される番号ではありませんので注意してください。

必要事項の入力が完了したら、利用規約を確認し、問題がなければ「同意して登録する」をタップします。その後、「お手続きを受け付けました」と表示されれば、Tポイントの利用手続きは完了です。

2-2 PayPayとモバイルTカードの連携

次に、TポイントをPayPayポイントに交換するためには、PayPayアプリにモバイルTカードを登録する必要があります。先ほどの手順で、TカードとYahoo! Japan IDの連携が完了しているので、ここでPayPayアプリとYahoo! Japan IDの連携を行うことで、PayPayとモバイルTカードの連携を行うことができます。PayPayとYahoo! Japan IDの連携をするには、まずPaPayアプリを起動し「アカウント」から「外部サービス連携」をタップします。

次に、「Yahoo! Japan ID」をタップしパスワードを入力してログインをすることで連携することができます。その後、「モバイルTカード」の画面をタップし、生年月日を入力し本人確認を実施することでモバイルTカードをPayPayに連携させることができます。

3 PayPayポイントへ交換

ここまでは、TポイントをPayPayポイントへ交換するための事前準備について解説してきました。ここからは、PayPayとモバイルTカードの連携が完了した後のTポイントをPayPayポイントへ交換する手順について解説をしていきます。

3-1 TポイントからPayPayポイントへの交換手順

TポイントからPayPayポイントへの交換を行うには、まずモバイルTカードを表示しなければいけません。モバイルTカードを表示するには、PayPayホーム画面の「支払う」をタップすると、モバイルTカードの選択ボタンが出てくるため、そこをタップすることで表示させることができます。

モバイルTカードを表示したら「PayPayポイントに交換する」をタップし、交換するポイント数を決めて交換することができます。また、残高のチャージの画面からも、オートチャージやATMチャージに並んで、Tポイント交換の表示があるので、残高チャージをタップし交換しても良いと思います。

このように、モバイルTカードをPayPayアプリに連携すれば、簡単にTポイントをPayPayポイントに交換することができます

3-2 PayPayとモバイルTカードの連携を解除する手順

万が一Yahoo! Japan IDが利用できなくなったときやIDを変更する必要が出てきた時のために、PayPayとモバイルTカードの連携を解除する方法についても解説します。

PayPayとモバイルTカードの連携を解除するためには、まずPayPayのホーム画面の「アカウント」をタップします。その後、「外部サービス連携」をタップし、Yahoo! Japan IDの「解除する」をタップします。そこで、「連携を解除する」をタップすれば、連携の解除は完了です。

Yahoo! Japan IDにログインできなくなったり、アカウントが停止したりしてしまった場合には、連携を解除し、新たなTカードを連携すると良いでしょう。

4 PayPayポイントへ交換する時の注意点

TポイントからPayPayポイントへの交換は、PayPayにモバイルTカードを連携してしまえば簡単に行うことができますが、交換する際にいくつか注意点があります。ここからは、そんなTポイントをPayPayポイントに交換する際の注意点について解説していきます。

4-1 PayPayポイントからTポイントへの交換は不可

まず、TポイントをPayPayポイントに交換する際の注意点としては、TポイントからPayPayポイントへの交換はできても、PayPayポイントからTポイントへの交換はできない点です。

一度TポイントからPayPayポイントに交換してしまうと戻すことはできなくなってしまうので、多くのポイントを一気に交換する際は、注意した方が良いでしょう。特に、20日にウエルシア薬局でTポイントを使って1.5倍の買い物ができる「ウェル活」を行っている人は、場合によってはTポイントのまま持っていた方が良いこともあります。そのため、TポイントからPayPayポイントへの交換を行う際には、慎重にポイントの交換を行うようにしてください。

4-2 「ストア限定ポイント」は交換不可

Tポイントには、通常のTポイントの他に、利用店舗や期間が限定されている「ストア限定Tポイント」というものがあります。

通常ポイントは、最後にポイントを獲得した日から1年間ポイントが有効で、その間に一度でもポイントを獲得すると全てのポイントの期限が延長されます。そのため、常にTポイントを利用している人は期限について気にする必要はないのですが、「ストア限定ポイント」は通常ポイントのように期限が延長されることはありません。

そんな通常ポイントに比べると使い勝手が良くない「ストア限定ポイント」ですが、PayPayポイントへの交換をすることもできません。そのため「ストア限定Tポイント」はできるだけ特定のサイトで利用期限内に使い切るようにしましょう。

4-3 1日の交換上限は2万ポイントまで

TポイントからPayPayポイントへの交換は、1ポイント以上から1ポイント単位で行うことができます。ポイント交換も即座に反映されるため、レジで急にPayPay残高が必要になったときでも瞬時にチャージすることができます。しかし、交換できるポイント数には上限があり、1日の交換上限は2万ポイントまで、1ヶ月の交換上限は5万ポイントまでとなるので注意しましょう。

4-4 PayPayポイントの出金と譲渡は不可

PayPayポイントは、現金として銀行口座に出金したり、家族や友人に譲渡したりすることはできません

友人と食事にいった際に割り勘をしたり、家族に送金をしたりするのに非常に便利な手数料無料で即座に送金できるPayPayの「送る」機能ですが、PayPayポイントの分の残高は送金することができないので注意が必要です。そのため、PayPayポイントを利用したいときで、友人などと割り勘をする際には、自分が決済をし送金してもらうようにすると良いでしょう。

また、PayPayポイントはあと払いやクレジットカードとの併用はできないため、その点にも注意しましょう。PayPay決済時に残金と合わせて利用したり、PayPay公式ストア、PayPayカード公式ストアではPayPayポイントが利用可能です。

5 ヤフー系サービスでTポイント(現:Vポイント)終了の影響

2022年3月末をもって、多くのヤフー系サービスでのTポイント(現:Vポイント)の利用と付与のサービスが終了となりました。しかし、全てのヤフー系のサービスでVポイントの利用と付与のサービスが終了したわけではありません。

ここでは、ヤフー系サービスの中で、Vポイントの利用と付与のサービスが終了したサービスと継続しているサービスについて解説していきますので、自分が普段利用しているサービスがないかチェックしてみてください。

5-1 Tポイント(現:Vポイント)付与や利用が終了するサービス

ヤフー系サービスで、Tポイント(現:Vポイント)の付与や利用が終了となったサービスは、Yahoo!ショッピング、PayPayモール、LOHACO by ASKUL、Yahoo!トラベル、ebookjapan、一休.comが挙げられます。

これらのサービスでは、これまで利用額などに対してTポイント(現:Vポイント)が付与され、貯めたTポイント(現:Vポイント)を利用できていました。しかし、これらのサイトで付与されたり利用できたりするポイントはすべてPayPayポイントになりました。また、ヤフオク!やYahoo!公金払いやYahoo! totoでは、Tポイント(現:Vポイント)の付与はされないもののTポイント(現:Vポイント)の利用ができていましたが、ここでもTポイント(現:Vポイント)の利用ができなくなりました

5-2 Vポイントの付与や利用が継続するサービス

ここまで、Tポイント(現:Vポイント)の付与や利用が終了したサービスについて紹介してきましたが、今後も継続してVポイントが利用できるヤフー系サービスもあります。Yahoo!ズバトクやYahoo!ネット募金では、今まで通りVポイントサービスを利用することができます
また、これまで貯めたTポイントも引き続き利用することが可能です。

ここで紹介した内容を参考に、自分が普段から利用しているサービスで引き続きVポイントサービスを利用できるかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

Yahoo! JAPAN Tポイントページ終了のお知らせ
TポイントからVポイントへの変更について | Yahoo!ズバトク
毎日Vポイントくじ | Yahoo!ズバトク
Yahoo!ネット募金|【Vポイント】Yahoo! JAPANでVポイントが貯まる・使える
TポイントとVポイントの統合について | Yahoo!ネット募金

6 Vポイントを貯め続ける人のためのお得なカード

ヤフー系のサービスでTポイント(現:Vポイント)が利用できなくなったり、Tポイント(現:Vポイント)がPayPayポイントへ交換が終了してしまってはおりますが、Vポイントのサービス自体がなくなるわけではありません。普段からウェル活などを行っている人の中には、これからも積極的にVポイントを貯めたいという人も多いと思います。

ここからは、そんな人に向けて、お得にVポイントを貯めることができるクレジットカードについて紹介していきます。

6-1 TカードPrime

Vポイントを貯めるのにおすすめなカードの一つ目は、「TカードPrime」です。TカードPrimeは、初年度の年会費は無料で、翌年以降も年に1回以上の利用があれば年会費は無料になります。基本還元率は1%ですが日曜日は還元率が1.5%となります。また、ETCカードも無料で作成することができ、ETCの利用でも同じようにVポイントが付与されます。

ウエルシア薬局やファミリーマートなどのVポイント加盟店では、Vポイントを2重取りすることもできるので、効率良くVポイントを貯めることができます。さらに海外旅行保険が最高2,000万円と国内旅行保険が最大1,000万円分まで、自動付帯しています。頻繁に旅行にいくような人にとっては、その都度保険に入る必要がないので、このカードを持っておく価値は大きいと思います。

このように、TカードPrimeはこれだけサービスが充実しているクレジットカードにもかかわらず、毎年一度利用するだけで永年無料でカードを持つことができます。Vポイントを効率的に貯めていきたい人にとっては、TカードPrimeは非常におすすめのクレジットカードです。

TカードPrime

6-2 TカードプラスPREMIUM

「TカードプラスPREMIUM」は、「TカードPrime」と同様、初年度の年会費は無料で、翌年以降も年に1回以上の利用があれば年会費は無料になります。基本還元率は1%ですが、誕生月に10,000円以上利用すると還元率が1.5%となりお得です。また、アプラスモールやTSUTAYA、洋服の青山などの特定の店舗では、還元率がアップするのもTカードプラスPREMIUMの特徴です。TカードプラスPREMIUMもTカードPrime同様、Vポイント加盟店では、クレジットカードのポイントとTカードを提示することにより付与されるVポイントを2重取りすることができます。

このように、TカードプラスPREMIUMも、店舗やタイミングによっては、非常に多くのVポイントを獲得することができ、効率よくVポイントを貯めることができるおすすめのクレジットカードです。

TカードプラスPREMIUM

まとめ

ここまで紹介してきた通り、ヤフー系サービスの多くでTポイントサービスが終了しましたが、TポイントをPayPayポイントに交換できるようになりました。
※現在は「Tポイント(現:Vポイント)」から「PayPayポイント」への交換は利用不可となっております。
TポイントをPayPayポイントに交換できない。| Vポイントサイト・よくあるご質問・お問い合わせ

これからもVポイントを積極的に貯めていきたい人は、この記事で紹介したクレジットカードの発行を検討してみてはいかがでしょうか。

ポイントサイトサイト「ワラウ」では、
「TカードPrime」をよりお得に発行することが可能です。

クレジットカードの発行やネットショッピングの利用など、
「ワラウ」を経由するだけでポイントを貯めることができます!
そして、貯まったポイントは、VポイントやPayPayポイントへの交換も可能なので、
ぜひ無料でワラウに登録してみてください。